家族と植物

南の島の三人家族(夫・娘5歳・私)と初心者ガーデニングの記録

7月の花はサルスベリ 枝を飾るのには向いていないのかしら?

スポンサーリンク

 

こんにちはツバメです

 

沖縄でベランダガーデニングを楽しんでいます。が、夏はめっきり植物達に動きがなくてそんなに手入れも必要無く。農閑期って感じです。

 

沖縄のゲキアツな夏でも元気よく花を咲かせているのはサルスベリです。

漢字では百日紅とも書くようです。開花期が長いってことですね

 

 

実家の庭のサルスベリを分けてもらってキッチンに飾ってみました。

f:id:stsub:20200728071231j:plain

花びらの先が白っぽいです。あまり見かけない品種。

実家に昔から植わっている株なので、おじいちゃんが植えたのかしら?いいセンスです。たぶん、ペパーミントレース(夏祭り)だと思います。

item.rakuten.co.jp

 

ありゃりゃ切り口の処理がいけなかったのかしら?三日後にはカスカスになってしまいました。

f:id:stsub:20200728071240j:plain

 

これではせっかくの植物が台無しです。老後もガーデニングを楽しみ続けるには枝ものケアを学ばなければいけませんね。庭で花咲いた枝を切り取って部屋に飾る私(←おばあちゃん)イケてる。(ダジャレ?もうわけわかんない)

 

と、思って検索していたら写真多めにページにたどりつきました。ふむふむ。いろいろ方法があるのですね。

shokubutsuseikatsu.jp

 

 

枝物といえばどうしても假屋崎さんを連想してしまいます。そういえばむかし友人に誘われて假屋崎省吾さんの展示会へ行ったのを思い出しました。

 

サルスベリが遠い記憶を呼び起こしてくれましたよ。ふとしたことで記憶が蘇るなんて、まるでディズニー映画「リメンバーミー」のようです

 

こうなると、毎年7月にサルスベリを見かけると假屋崎展示会へ行ったことを思い出しちゃうんだろうなぁ(´・ω・)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

ここ数カ月、ブログを書きたい書きたいと思いながらも、まとまった時間を確保できない→ ネタが冷える→ ブログ遠のく、の悪循環でした。しばらくは文章が短いのは気にせずにネタが温かいうちに書こう!と思います。