家族と植物

南の島の三人家族(夫・娘5歳・私)と初心者ガーデニングの記録

2019年子供と一緒に見た映画

スポンサーリンク

こんにちはツバメです。

 

5歳女の子を育てる母ちゃんです。

 

我が家では「休みの前日は映画」というルールがありまして、夜寝る前に自宅で映画を一本鑑賞しています。だいたい親(夫と私)がタイトルをいくつか選んで娘が最終決定するスタイルなのでファミリー向けの映画を選ぶことが多いです。

 

今年の映画事情の変化でいえば、 GoogleのChromecastがPrimeVideo対応になった影響は我が家にとってデカかった。レンタルショップに借りにいくことが減ったし、無料で見られる作品を何度も見ることも。セールで100円・199円で見られる映画もあるし。最高です。

「Amazon プライム・ビデオ」をテレビ画面にキャストして視聴する方法【Chromecast】 | スマホLABOホンテン

 

年末に記事を投稿するにあたり、家族で楽しんでいる映画で1年を振り返りたくなったのです。今年2019年もたくさん映画を見ました。特に印象に残っている作品を挙げていきます。

 

 

ディズニーのアニメ映画が良かった

昔のディズニー王道アニメ映画。「古いんでしょ?」と敬遠していた作品を見たのですが面白い作品が多いですね!知らなかったです。

 

デジタルリマスターというのでしょうか?Blu-ray対応になっているのでストレスなく映像が見られます。音質は高温が割れ気味で気になるときもありますが、最近のアニメにはない王道のプリンセスの高らかな歌声(ほっほっほっ♪ほほー♫)で安心します。

 

※デジタルリマスターとは、古いフィルム映画をデジタルに換えるときに綺麗に見やすく加工することです。映像のゴミを除いたり、色あせを修正、線をはっきりさせることで映像を見やすくするそうです。

 

 白雪姫

有名なアニメ映画、白雪姫の美しさを妬んだ継母が毒りんごを食べさせるお話ですね。

白雪姫がこびと達と初めて会ったときのセリフ、「待って待って名前を当てるわ」が頭にこびりついて離れないです。

 

眠れる森の美女

魔女が姫の誕生祝いにかけた呪いで眠ってしまい、王子様の真実のキスで目が覚めるお話ですね。

オーロラ姫がマレフィセントに操られてつむの針に指を刺してしまうシーン。オーロラ姫の表情が頭にこびりついて離れない。ディズニープリンセスのおもちゃや文具に掲載されたオーロラ姫のドレスがピンクだったりブルーだったりする理由がスッキリわかりました。

 

シンデレラ

言わずもがな、ガラスの靴がぴったり合う娘と王子が結婚するお話。

 シンデレラ、意外と「言う」。お姉さん達いじめられてシクシク泣きながら働いていると思いきや、「無理です、できません」と言い返す。

 

 101匹ワンちゃん

ダルメシアンの毛皮を目的に誘拐されたワンちゃんが家へ帰る冒険です。

オールドアニメっぽく線の太い絵になっていて、イギリスのおしゃれな雰囲気が出ています。そして単純に子犬がかわいい。

 

実写やイルミネーションスタジオの映画も色々見ました 

マレフィセント

眠れる森の美女のアレンジのお話です。オーロラ姫に呪いをかけた妖精マレフィセントが主役のお話。

アンジェリーナジョリーのマレフィセントがとにかく迫力があって見入ってしまいました。

 

ハイジ アルプスの物語

あの有名なハイジの実写版です。

PrimeVideoで無料だったので見ました。とても良かった。

アニメよりリアルに制作されていて、それぞれの役がみんなハマってます。もちろん泣きました。

 

 ミニオンシリーズ

 こちらもPrime会員無料。5作品中4作品が無料で見られます(一つはショートムービー集)。

何度も見ました。子供より親の私がハマった。

 今年は旅行でUSJへ行ってミニオンに会えたのも良い思い出。

www.kazoku-tsubame.com

 

 SING

内容説明が難しいので引用します。とにかく、歌、ダンス、演出が良くて気持ちよく元気になれる映画です。私は大橋卓弥扮するジョニーの「I'm Still Standing」が大好きです(告白)

誰もが聴いたことがあるヒットソングや名曲が60曲以上! 歌のチカラで元気になれるエナジームービー! 動物だけが暮らすどこか人間世界と似た世界--バスター・ムーンが経営する"ムーン劇場"は観客が減り倒産の危機を迎えていた。なんとか劇場を立て直したいバスターはかつてない歌のオーディションを開催することに!主要候補は6名。人生を変えるチャンスを掴むため、参加者たちはそれぞれの想いを胸に劇場へ集結する…。 レディー・ガガの「バッド・ロマンス」やザ・ビートルズの「ゴールデン・スランバー」など誰もが聴いたことがある名曲やヒットソングが映画を彩る、愛とユーモアたっぷりのストーリー。

※PrimeVideoの作品紹介より引用

www.kazoku-tsubame.com

 

 

 

娘のおかげでファミリー向け映画をたくさん楽しんだ1年でした。

ここに紹介した作品の5~6倍は見たと思います。

2019年は映画を選ぶ幅が広がりました!

  • オールドディズニーがとても面白いと気づけてよかった
  • アニメの実写が楽しいとわかった(アラジン映画館3回見たよ)
  • ディズニー・ジブリ以外のスタジオのアニメ映画も面白い

 

来年は大人向けの映画にも挑戦したい!

私達(昭和生まれ)が子供の頃って、土曜ロードショーとか映画のTV放映が多くて大人と一緒に映画見ましたよね?今でも覚えているもんね。アクション映画が多かったかも。うちの娘にも大人の映画を楽しんでもらいたい!

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ブログを始めてもうすぐ一年が経ちます。ブロガーさんの記事を毎日読むのはとても刺激的でコメントで交流するのも楽しいです。皆様のおかげで充実した年になりました。

 

今年はお世話になりました。よいお年をお迎えください