家族と植物

南の島の三人家族(夫・娘5歳・私)と初心者ガーデニングの記録

【ガーデニング】100円ショップ購入品でインテリアグリーン 底面給水の話

スポンサーリンク

 

こんにちはツバメです。

 

ガーデニングを趣味にしているアラフォー専業主婦です。

 

狭い部屋・狭いベランダでガーデニングをするならハンギングとのお付き合いは必須ですよね。うちも場所の有効利用のため結構やっています。

 

ハンギングとは、プランターを吊るして植物を飾ることです。

 

底面給水プランター、ハンギング、ポトスは相性良い!と思う

1年ほどまえ、100円ショップダイソーで底面給水の鉢とハンギングロープを購入しました。

f:id:stsub:20191220094154j:plain

f:id:stsub:20191225101522j:plain

 

ベランダでボーボーに育ったポトスを室内へ入れます。

f:id:stsub:20191225101646j:plain

なんだろうこれ、ディズニー映画『モアナと伝説の海』のマウイ(右側)の髪のようだ。

https://www.disney.co.jp/content/dam/disney/characters/disney_d_pixar/moana/5281_maui_main.jpg

※画像は引用です。

モアナ何度も観ています。おすすめです。

↓ こちらはプライムビデオのレンタル300円~

↓ こちらはamazonmusicプライム会員は無料で聴けます。

尾上松也さんの「おれのおかげさ」が最高。ハマります。

 

話が逸れましたが、 

この底面給水鉢なら水やりが簡単。毎日水やりする必要はありません。お口のような部分に1~2週間に一度水を50㎖くらい入れています。「あ、水無くなってる。やっべ水やろう」くらいの忘れっぷりの方がちょうどよい。 

f:id:stsub:20191225123805j:plain

 

底面給水の仕組み

プランターの下にある容器に水を入れると、土が水を吸い上げる仕組みで、常に土が潤っている状態になります。

熱帯植物などのジメジメ環境の植物が向いていて、多肉やサボテンなど乾燥地域の植物はこの底面給水プランターは向かないかもしれません。(底面給水といっても様々なプランターがあります。多肉植物向けもあるかも)

f:id:stsub:20191225141403p:plain

 

 

 ポトスなら植物キラーのあなたでも大丈夫!

小さい株なら100円ショップでも扱っています。

ポトスはとても丈夫で光が少なめでもOK。蛍光灯の光があれば育つそうです。

寒い地域では冬の間は窓際でなく室内の寒くならない場所に置けば大丈夫。水を控えてときどき霧吹きで葉を湿らせてください。

 

ずっと土が湿っていると根が腐るかもしれないので、土が乾いて1~2日おいて水やりするくらいがベスト。「あ、やべえ、水あげよ!」くらいがちょうど良い所以(ゆえん)

 

また、剪定したときはちょん切ってコップの水につけておくだけでも長期間枯れないのでほったらかしでもグリーンが楽しめます。

f:id:stsub:20191225101548j:plain

 

 

”底面給水プランターでハンギング”をまとめると、

丈夫な植物を選ぶ(ポトスがおすすめ)

毎日水やりしなくていい

狭い部屋の場所を取らない

 

底面給水プランター、ハンギングロープ、ポトスが揃えば簡単に気軽にインテリアグリーンを楽しめる!

 

このハンギングはシンプルでちょっと地味?だけど、部屋にグリーンがあるとないとでは心地よさがまるで違う(私には)。インテリアグリーンを取り入れるときに”ラクに管理できる方法”を探しておくことは重要。でないと続かないのです。

 

 

 デメリット:ただ一つ、大きな弱点があります

水やりには植物から出る老廃物を流す役割があります。鉢の底から水が出るまでたっぷり与えるのは、老廃物を鉢の外に出す目的もあるのです。 

f:id:stsub:20191225141411j:plain

紹介した底面給水プランターは排水しにくい。丈夫な植物を植えたとしても、数ヶ月に一回くらいは鉢の底から水が出るまでたっぷり水をやった方がいいと思います。

それがめっちゃめんどくさい。からまって外せねえわ(笑)

f:id:stsub:20191225101530j:plain

諦めてチョキチョキ剪定して花瓶に入れちゃうのも手です。 

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

100円アイテムを使ったガーデニングの過去記事をどうぞ(*'▽')

www.kazoku-tsubame.com

www.kazoku-tsubame.com