家族と植物

南の島の三人家族(夫・娘5歳・私)と初心者ガーデニングの記録

子連れで美ら海水族館を楽しもう!体験プログラムの利用

スポンサーリンク

 

こんにちはツバメです。

 

沖縄で、夫、娘、私の三人で暮らしています。

夫と私は生まれも育ちも沖縄。一度も県外から出て暮らしたことはありません。

 

先日、美らに水族館へ行って、スケジュール管理を大失敗してしまいました。そのせいで予定の5倍は疲れました。

 

理由は、10年前と比べて美ら海水族館体験プログラムの参加方法が変わっていることにありました。あくまで10年前と比べて、という話です。

 

ここで紹介するのはあくまで私が集めた情報をまとめただけなので、正確さを求める方は沖縄美ら海水族館ホームページで

沖縄美ら海水族館 - 沖縄の美ら海を、次の世代へ。-または

海洋博美ら海通信 | 海洋博公園 Official Siteまたは

水族館内のプログラム | 沖縄美ら海水族館 - 沖縄の美ら海を、次の世代へ。-プログラムスケジュールをご確認ください。

 

また、記事にしている通り、観光客増加や生き物の体調に合わせてプログラムの内容や受付方法がたびたび変わっているようです。お出かけの前に最新の情報を入手することをお勧めします。

 

 

黒潮探検の参加方法が変わっていた(10年前と比べて)

黒潮探検とは美ら海水族館の代名詞を言える「黒潮の海」の大水槽を真上から見学できるバックヤードツアーのような水上観覧コースです。

https://churaumi.okinawa/userfiles/images/area/kuroshio/media-03.jpg

画像引用:沖縄美ら海水族館ホームページ

 

黒潮の海の大水槽上に架けられた階段や橋を渡りながらジンベイザメを上から見下ろす楽しい体験です。

個人的にはカツオ?の泳ぐ姿を眺めるのが好き。プリプリで銀色の背中を両腕でわっと抱えたくなる。(変態?)

https://churaumi.okinawa/userfiles/images/area/kuroshio/list_1709_04.jpg

画像引用:沖縄美ら海水族館ホームページ

 

この黒潮探検、10年前は一日10回以上解説付きで開催されて、先着順で好きな時間を選べたと記憶しているのです。

したがって、以前は美ら海水族館に入館したら真っ先に一番奥の”黒潮の海”横の1Fジンベエ・マンタコーナーに全員で申し込んで整理券をもらう。観覧の時間まで水族館や館外のイルカショーを楽しんで、Let's黒潮探検!という流れだったと思います。

 

しかし、時代は変わっておりました。


観覧時間 8:30~11:00(入場締切10:45)17:30~閉館まで

(入場締切は閉館15分前まで)

※予約不要

※11:00~17:30は動物の健康管理作業のため観覧不可

出入口 1Fジンベエ・マンタコーナーの専用エレベーターをご利用ください水槽解説 9:30 10:00 10:30 / 18:00 18:30* 19:00*解説は、コース内、水上デッキにおいて行います

注意事項
観覧時間は期間によって変更する場合があります。*18:30、*19:00の回は、夏期(3~9月)のみ実施しています。

なんと、自由観覧です。エレベーターで4階に行くだけ。予約、受付、整理券不要。

 

☆ 黒潮探検 参加方法 ☆

午前は開館8:30~10:45

午後は17:30~閉館

上記時間内にジンベエ・マンタコーナー(黒潮の海大水槽の横)の専用エレベーターから4階へ上がる。

それだけ。

 

 解説が聞きたい方は全6回の解説時間に合わせて行けばいいだけ。

 

2019年10月時点の開催時間とは異なりますが、こちらのブログで紹介した手順がわかりやすかったです。

churaumi.ryukyu

 

ところで私は失敗したのは、11時ちょうどにエレベーター前に着いたことです。ちょうど午前中の観覧時間が終わったとこでした。

あぁーーーーあと15分早ければーー!!・(≧д≦)・゚゚事前に調べていればーーーー!!

 

いつでもイルカに触れるんじゃなかったけ?

美ら海水族館周辺施設でイルカと触れ合う方法は恐らくは3つ?

  1. イルカ観察会
  2. イルカ体験学習
  3. イルカ給餌体験

いずれもイルカショー「オキちゃん劇場」近くのイルカラグーンで開催されます。

https://churaumi.okinawa/userfiles/images/area/surrounding/03/image-01_nu.jpg

画像引用:沖縄美ら海水族館ホームページ

 

〇以前(しつこいけど10年前)は毎日イルカ観察会があって、その時間に行けばイルカをなでたり触ったりできたと思うのですが、現在は休止中のようです(2019年10月)

 

〇現在の「イルカ体験学習」の参加方法は、

  • 受付  午前は9:00~12:00、午後は13:00~16:00にイルカラグーンで先着順
  • 開催時間  9:30、13:30、16:00の3回
  • 料金  受付時1000円支払い
  • 対象  6歳以上(証明するものが必要なようです)  

 

〇イルカ給餌体験は

  • 開催時間 9:00、11:00、13:30、15:30
  • 場所 イルカラグーン前で先着順 
  • 方法 1バケツ=500円、5バケツまで購入できます。

私が行ったときはバケツが30個用意されていました。5バケツ購入する方が6名いたらそれで終了です。私は開始40分前から並んでいたので無事にバケツをゲットできました。

 

バケツを受け取ってすぐにイルカラグーンプールへ行き、イルカちゃんにお魚をあげました。お口開けてお魚を待つイルカちゃん、かわえぇ~

f:id:stsub:20191007231052j:plain

 

私の失敗は、

イルカショーのあとにヒナが「イルカ触りたい」とおっしゃって、イルカ給餌体験のために並んで時間を使ったり、勢いでウミガメ給餌体験も申し込みました。結果、待つことに飽きた娘が眠くなって愚図って、精神的に疲れました。

ウミガメはボーッとしててとてもかわいかったですよ。ドラゴンボールの亀仙人が連れているウミガメを思い出しました。

f:id:stsub:20191007231037j:plain

ウミガメの赤ちゃんもいました

f:id:stsub:20191008143854j:plain

 

 

黒潮の海 隣接のカフェ 特等席は予約が必要

黒潮の海に向かって右側にある「カフェオーシャンブルー」では、柱で囲われた個室ブースのような席があり、大水槽を目の前で観覧できます。指定席という名称です。

https://churaumi.okinawa/userfiles/images/area/restaurant/02/image-04.jpg

画像引用:沖縄美ら海水族館ホームページ

 

この特等席に座っていると、エイの笑い顔というか裏側が見えたり、水槽越しに魚が寄ってきてこちらが観察されたりととても楽しいのです。

 

以前は早いもの勝ちで特等席の人がいなくなったら即、席を移って、何時間でも席に着いていられました。

現在は「指定席」という名称になっており、カフェ入り口で予約しないと利用できせん。制限時間は30分です。

 

今回の水族館お出かけを振り返りますと、

ということで今回のスケジュールはとにかく待つ時間が多かった。黒潮探検に行けなかったことで、ダダーっっとスケジュールが崩れてしまいました。水族館だけ観て帰るつもりが一日中かかってしまった。

その分、イルカとウミガメに餌をあげる体験ができたのは良かったのですが。お出かけが長時間に及び、昼寝できなかった娘の機嫌はぐずぐず。

 

那覇から美ら海水族館へ行くと、自動車道を使っても2時間はかかります。途中で休憩を入れると3時間コースです。

往復で5時間も娘を車に座らせていたよ。すまねぇのぅ。帰りの車に乗ったとたん寝ましたけど。

 

今回、私たちが美ら海水族館をまわったスケジュールはグダグダ。

 

08:30 自宅発

10:45 美ら海水族館到着

11:00 黒潮探検 間に合わず 一度水族館を出る

11:30 イルカショー

13:30 イルカ給餌体験

14:00 ウミガメ給餌体験

14:30 水族館に再入場(カフェ休憩含む)

16:15 水族館を出発

18:30 自宅着

 

すっごく疲れました。娘は眠くてなって愚図るし、だっこしたり、おんぶしたり。長時間の運転せいで翌日は足腰が痛い。完全に失敗です。

 

改善案 割安で楽しめる4時からチケットを利用する

水族館周辺の体験プログラムを楽しむ日と、

ドライブがてら美ら海水族館を楽しむ日

を分けて、1日1日余裕を持って楽しむ方が子連れにはいいかもしれません。

 

あとは、スケジュールによっては16時以降に入館する「4時からチケット」を利用した方がいいです。午前と午後の2回入館したのですが、15:00以降がすいていました。客数のピークは10時~15時らしいです。

churaumi.okinawa

 

16時から入場すれば、黒潮探検の17:30スタートにちょうどいいと思います。

 

というわけで、美ら海水族館へ行くときは、ディズニーランド、USJ、人気動物園のごとく事前チェックを行った方がよいと思います。

沖縄美ら海水族館ホームページ、海洋博美ら海通信、プログラムスケジュールで新しい情報を集めるといいんじゃないかなぁ。私は今後、そうします。

 

青春の思い出、美ら海水族館

オープン当時は大学生だったこともあいまって、ドライブついてに水族館行こうぜ的なノリで、平日に遊びに行ってのんびりとお魚を眺めたものでした。

f:id:stsub:20191007230942j:plain

f:id:stsub:20191007230957j:plain

 

今、美ら海水族館は立派な観光資源になっており、国内外からお客様が訪れる大テーマパークになりました。行ってみるとお客さんの半数は外国から遊びに来た方かしら?。国際的にも人気なんですね!マジすごいっす!

 

でも、県民にとっては気軽にドライブがてら遊びに行っていた頃とは全く変わってしまいました。ちょっと寂しい。

 

ではでは、最後までお読みいただきありがとうございました。