家族と植物

南の島の三人家族(夫・娘5歳・私)と初心者ガーデニングの記録

【祝100記事】ブログ振り返り

スポンサーリンク

 

 

こんにちはツバメです。

 

いつもご訪問、ブクマ、はてなスター、Twitterのいいね!ありがとうございます。

 

このブログ「家族と植物」が100記事を迎えました。節目の回にこれまでのブログを振り返ってみます。

 

100記事を迎えたブログを通して得た経験は、

 

  • ブログ仲間との交流(図々しいですが仲間と呼ばせてください)
  • AdSense合格
  • イラストを公開

 3カ月目と比べてだいぶ進歩したと思います。\(^▽^\)(/^▽^)/ わあい

 

ブログを通した交流楽しいです。コメントしたくなるけど

購読しているブログを読むのが楽しみになっており、最近ははてなスターやTwitterいいね!だけでなくコメントをさせてもらっています。

ブログを書いているのに自分の感情をうまく言葉にできない、聞き下手、会話が苦手な私。的を射たコメントになっているか、皆さまを困らせていないか心配です。

 

でも、おかしなコメントになってもいい!気持ちを動かされた記事にはこれからもどんどんコメントさせてください。お返事いただけなくてもいいですので。あ、でも、お時間が許すのであればお返事いただけたら嬉しいです。

 

 

AdSense合格を目指して得たもの 

ブログを始めておよそ半年で100記事になります。巷で言われている「3カ月で100記事」を達成する人って凄すぎる!私には到底無理でした。3カ月時点では無理やり絞って絞って吐きそうになっても60記事でしたよ。

 

 3カ月60記事のときに宣言した通り、GoogleAdSenseとブログランキングに参加しました。ブログランキングはすぐに登録できましましたが、AdSenseが上手くいかなくて地獄をみました。

 

どうやったら合格できるのか検索しまくって、Search Consoleやらコピペチェックやら色々試して、審査のためにレンタルサーバー契約して、何度も何度もトライしてやっと合格しました。何が効果あったのか全く分かりません(笑)

 

AdSense不合格の日々のなか、誰か助けて~な状態でネット検索しまくって出会った印象に残る記事がありました。

kore-nani.com

 

「自分にしか書けない記事を書く」

 

わかっているようでわかっていませんでした。

改めて見直すと、リンクを貼り付けまくっただけの記事もあったので、「これはいかん」と下書きに戻しました。自分の経験や考えを書く。それが誰かの参考になるからブログを公開する意味があるんですよね。

 

6カ月続けてきて、やっぱり文章を書くことが好きだと再認識しました。ブログのネタになりそう!と写真を撮って、構成を考えながら、わかりやすい文章を心掛ける。以前と比べて自分の経験を詳細に書くよう心掛けています。まだまだ下手ですけど、創意工夫が楽しい。

 

AdSense収益はごく少額です。振り込みなんていつのことになるやら…。

 

イラストを描き始めました。

植物関連の記事を書くとき、絵で説明したいことが多かったので、はてなのお絵描き機能やipadのメモ機能を使うようになりました。

f:id:stsub:20190903151602p:plain

↓↓↓ ipadで描いた説明図

f:id:stsub:20190415231449j:plain

しかし、すぐに物足りなくなってしまい、初心者でも簡単にイラストを描く方を法探して、今はiOS用アプリを使っています。

Tayasui Sketches

Tayasui Sketches

  • Tayasui.com
  • 仕事効率化
  • 無料

apps.apple.com

  

結果的に"植物関連の説明"という目的から外れて、ほぼ子育てネタのイラスト活用となっていますが、娘のヒナもイラストを見て喜んでくれるので嬉しい限り。後々にイラストで育児の様子を振り返ることができると思うとワクワクします。

 

これからもブログを続けていきたいが課題も

ブログを始めた当初はひと月に20記事前後投稿していましたが、最近は10記事ほど。書きたいことはいっぱいあるけど、さらっと文章を完成できないのです。要は下手なんですけど。少しずつ週1~2回でも長く続けていけば、文章力も上がっていくかしら? 

 

それから、100記事に頃には自分の書き方(作成の流れ)が確立している予定だったけど、実際はまだです。記事をつくる時間と質のバランスをとって、効率よく書きたい。すぐに取り組くべき課題です。

 

悩むこともあるけれど、私、ブログが好きです。

 

これからもツバメの「家族と植物」よろしくお願い致します。

もちろん、夫も娘のヒナも。

f:id:stsub:20190626203123p:plain

 

 

 ブログ振り返り記事

www.kazoku-tsubame.com